正規の無料着うたサイトもある

「無料」と聞いて怪しげなサイトでは?と心配する人も多いが、今日では着うた無料サイトの大半は正規のものなので、気をつけていれば大丈夫だ。
しかし違法と分かっていながら利用する人もいるので、違法サイトはなかなかなくならない。

「ただほど高いものはない」ということわざがありますね。
だからというわけでもないのでしょうが、着うた無料サイトというと何か怪しいものでも見るように敬遠してしまう人がいます。

確かに昔の無料サイトには楽曲の配信は違法で、一回アクセスしてメールアドレスを登録すると後には怪しげなメールがどっさり!というようなところもありました。
しかし2010年の著作権法改正以来そのようなサイトにアクセスするユーザーは減り、結果悪質なサイトの多くは姿を消していきました。

今では無料着うたサイトの大半は正規の配信を行っている問題のないサイトです。
たとえどんなに価値のある着うたでも、ちゃんとした理由があって無料配信が行われているのですから、その理由をきちんと理解したうえでダウンロードすることには何の問題もありません。
臆することなく、堂々と利用すれば良いのです。

しかしわずかでも違法の無料着うたサイトが存在することも確かです。
ただ、正規の着うたサイトと見分ける方法はあります。
一番確実なのは日本著作権協会(JASRAC)の許諾番号が記されているかどうかを確認することです。
またもしその番号が確認できなかったとしても、見分けることはできそうです。
違法着うた配信サイトの多くはレンタル掲示板を使っていますが、正規のサイトではちゃんと経費をかけて運営しているはずですから、そんなことはほぼ考えられません。

それでも違法サイトがなくならないのは、違法と知っていながらそこを利用するユーザーが少数でもいるからです。
全てのサイトを正規に運営していくためにも、違法サイトには絶対アクセスしないようにしましょう。

知っておきたい無料着うたサイトの特徴

無料着うた配信サイトには無料ならではの特徴もありますから、あらかじめそんな部分を知っておくことも必要だ。
楽曲の中身の問題や、広告メールが来る問題もあるが、特に気をつけたいのが違法サイトと間違えやすい問題である。

「着うた 無料」と検索して出てくるような配信サイトは何しろその名のとおり着うたのダウンロードに余計な費用がかからないのですから、どんどん積極的に使っていきたいところです。
ただしかし無料であるがゆえに、一般的な有料着うたサイトと同じ感覚で使っていると、後になってこんなはずじゃなかったと思うことがあるかもしれません。
後悔しないで済むように、あらかじめ無料サイトの特徴をいくつか見ておきましょう。

無料サイトにもJ-POPの人気の高い曲があるので喜んで加入契約したところ、オリジナルアーティスト本人の声じゃなくてガッカリしたという話しはよく耳にします。
楽曲の使用料や使用権の関係で、オリジナル音源の着うたはほとんどないと考えておいた方がよいかもしれません。
音質が普通より悪いサイトも少数ながらまだ存在する様ですが、まぁ無料なんだからと言われればそれより突っ込みようのないところではあります。

無料サイトと契約した直後から広告メールが頻繁に来るようになったとの声もあります。
これとて広告スポンサーがあってこその無料なのですから、メールが届くこと自体に文句を言うわけにはいきません。
ただ契約時の利用規約にその旨の記載がなかったり、スパムメール的にメールが届いたりする場合はやや問題だと言えます。

あと特に気をつけたいのは、料金支払いのステップがないために気付かずに違法サイトを利用してしまうことです。
正規のサイトにはJASRACの許諾番号が記載されていますから、面倒でもしっかり確認しましょう。
今は違法サイトを利用しただけでも罰せられる可能性がありますから、うっかりしないように気を引き締める必要があります。

着うたを作る「着信音ファクトリー」

音楽を配信しているのではありませんが、無料で利用できる着信音作成メーカーとして「着信音ファクトリー」があります。
スマートフォンからの利用となりますが、Android端末、iPhoneともに対応しております。

既に世界に向けたゲームも開発、発表しているSNSの最大手であるGREEが運営しているアプリなのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
GREEはサービスの開始が2004年で歴史がある企業ではありませんがその急成長は目を見張るものがあります。
2011年9月にはGREEの会員数はおよそ2700万人となりました。

「着信音ファクトリー」の使い方は難しいものではありません。
スマートフォンに楽曲を保存し、そこから着うたとして使用したい部分を切り取るためのアプリです。
切り取ることが出来るのは5秒から40秒となり着信音として使用するには充分な長さと言えるでしょう。
使える機能は切り取りだけではありません。
切り取った着うたをカスタマイズすることもできます。
フェードインフェードアウトを使えば、着うたはより自然に流れます。
曲の始まるにフェードインを使い徐々に音を出していき、曲の終わりにフェードアウトを使用して徐々に音を小さくしていきます。
再生スピードを変更することもできます。この機能を使うことにより楽曲の雰囲気ががらりと変わります。
イコライザを使用することもできます。オーディオコンポが最盛期のころにはこの機能を使う方も多かったかと思いますが、スマートフォンのアプリではイコライザ機能が搭載されているものが非常に多くその音質の変化にまたたくさんのイコライザファンが増えています。