月別アーカイブ: 2019年10月

フェラ動画

「フェラしてあげるよ」と彼女が言ってきて、それはうれしい申し出ではあるのだけど、実は僕はそうフェラが好きなわけではない。いや、語弊があった。風俗などで味わう上手いフェラは大好物なのだが、つまり、彼女のフェラはイマイチなのだ。まだ、手コキの方がナンボもマシなレベルである。
おそらく彼女の中では「男性はフェラすれば悦ぶものだ」との思い込みがあり、実際に前に付き合っていた男性にもいっぱいフェラをしていたのだろう。その流れでサービスと感謝のつもりで、積極的にフェラをしてくる。無下に断るわけにいかず、かと言って勃起しないと彼女を傷つけちゃうかな、と思って、彼女のおっぱいを触って無理やり勃てている感じなのだ。
なぜ彼女のフェラで勃たないのだろう?と考えると、咥えられている感覚が薄いからだ。それこそフェラのベテランの風俗の方々は、バキュームフェラと言うか唇に捉われずに口中全体を使ってチンコをすすり上げていることに気づく。ただチンコを頬張って唇と舌を上下させているだけの彼女のフェラが物足りなくなるのも当然だ。
ノンケをフェラする
そう考えると、腹が立ってきた。彼女はフェラに対する真剣みに足りない。つまり格好だけの似非フェラだ。おそらく、こちらから指摘しても「せっかくやってあげているのに」とむくれるだけだろうから、彼女自身に気づきを与えなければならない。そこで僕は彼女にフェラ動画を見せることにした。「セックスの参考にしよう」とか理由をつけて、技とフェラシーンが多い動画をチョイスして、彼女と鑑賞したのだ。見ていてもわかるプロのテクニカルでパワフルなフェラに彼女もきっと自分の足りなさに気づいてくれるはずだ。
だが、彼女は「あはは、あの女の人、カッパみたいな顔してフェラしてる、ウケる~」と笑いながら、フェラ動画を早送りしてしまった。「前戯とは言え、あんな顔されちゃ、男の人も勃つものも勃たないでしょ?」とフェラ動画鑑賞会はあっさり終了しましたとさ。うーん、残念。
イケメンのノンケ
ちんこ舐めたい